日焼け止めで肌を守ろう

日焼け止めで肌を守ろう


塗るタイミングや量

日焼け止めは商品ごとの特性を知って自分にあったタイプを利用することが大切。しかし、日焼け止めがきちんと効果を発揮するために必要なことはこれだけではありません。日焼け止めは、塗るタイミングや量も需要なのです。まず、塗るタイミングですが、外出時の30分前には塗るようにしましょう。なぜなら、皮膚に浸透させる必要があるからです。日焼け止めが肌に浸透していない状態で外出してしまうと、効果がでないどころか、ムラができてしまう可能性があるので要注意。

女性の方であれば、基本的に日焼け止めを塗るのはメイクの前に行います。最近ではメイク下地に日焼け止め効果があるタイプもあるので非常に便利です。しかし、日焼け止め単体で利用する場合は、日焼け止めを塗るのはメイク前、スキンケア後と覚えておいてください。

日焼け止めを塗る量は、500円玉位です。この量は顔~首までです。これを2~3回重ね付けをすると効果をきちんと発揮することができます。身体に塗る際は量を多めにとって塗ることが大切です。日焼け止めの量が少ないと十分な効果はでません。さらに、日焼け止めは一度塗ったら一日中持つわけではありません。こまめに塗ることで日焼け止めの効果を持続させることができます。適切な量やタイミングで日焼け止めを使ってきちんと肌を守ってください。