日焼け止めで肌を守ろう

日焼け止めで肌を守ろう


紫外線によるダメージ

太陽の光を浴び続けていると、肌がダメージを受けてしまいます。詳しい原因は、紫外線に含まれる紫外線。紫外線のメカニズムと肌に与える影響をご紹介します。

紫外線は波長の長さがいくつかありますが、波長が短くて皮膚へのダメージの大きい紫外線のほとんどはオゾン層で吸収されています。ただし、一部の紫外線は地表まで降り注いでしまうため、私たちの皮膚にダメージを与えてしまうのです。その紫外線の種類はA紫外線とB紫外線があります。

A紫外線(UV-A)は肌に浴びてもすぐにダメージを受けることはありません。一時的に肌が黒くなる程度です。しかし、長年の蓄積によって肌の状態がボロボロになってしまい、しみやたるみの原因になるため注意しましょう。

一方、B紫外線(UV-B)はスキーやゴルフなど、アウトドアスポーツ時に受けることの多い紫外線です。こちらは急激なダメージになるため要注意。肌がやけどしたような状態になるため、あらかじめケアしておきましょう。

アウトドアスポーツ時のB紫外線対策はもちろん大切ですが、毎日のA紫外線対策も欠かせません。少しでもスキンケア意識を持っているなら、ぜひ日焼け止めを使って紫外線対策をしてください。