日焼け止めで肌を守ろう

日焼け止めで肌を守ろう


SPAとは

SPF30のような数値が日焼け止めのパッケージに記載されているのを見かけたことはありますか。実は、日焼け止めの効果はSPFと密接に関係しています。ここでは、SPFについてご紹介します。

SPFとは、Sun Protection Factorを省略した言葉のこと。太陽光に含まれる紫外線から皮膚を守る強さを表すのですが、紫外線が当たってから日焼けするまでの時間を遅らせるスピードのことを指します。通常、人間が日焼けしてしまうまでは15分から20分程度ですが、SPF30なら30倍の時間に伸ばすことができるのです。だいだい450~600分程度でしょうか。

本人の体質によって日焼けしやすい方もいると思います。たとえば10分で日焼けしてしまう人の場合、300分持つということです。SPFの数値は時間を示しているのではなく、あくまで防御力が何倍にアップするという風に覚えておうとよいでしょう。

SPFの数値が高ければ高いほど防御力も高くなります。ちょっとしたお出かけ程度ならSPF30でも十分ですが、長時間外にいることが予想される場合、SPF50以上のものを使うようにしてください。お肌を守る耐久度がアップし、日焼け止めの効果を実感できると思います。