日焼け止めで肌を守ろう

日焼け止めで肌を守ろう


日焼け止めはスキンケア

夏間近になると日焼け止めのテレビCMなどが増えたり、ドラッグストアなどでも紫外線対策のコーナーが充実してくるので、紫外線対策を意識する人も増えるのではないでしょうか。近年は4月5月でも真夏日のような日差しや気温になることもあり、早い時期から紫外線対策を行っているという人も多いです。

紫外線の強い季節としてイメージするのは夏ですが、年間で最も紫外線が降り注ぐのが5月から7月の初夏です。この季節は6月の梅雨の時期も含んでいるので、夏場ほど強い日差しを感じることも少ないことから、日焼け止めなどを使用せずに外出しているという人もいます。晴れている日が少なくても、晴れている日と同じ量の紫外線が降り注いでいるので注意が必要です。冬場の3倍から5倍ほどの紫外線が降り注いでいるので、しっかりと紫外線対策を意識する必要があります。

紫外線対策として利用することができるものと言えば、帽子や長袖の羽織、日傘などですが、服装に影響せずにいつでもどこでも気軽に使用することができるのが日焼け止めです。ジェルタイプやクリームタイプ、スプレータイプなどの日焼け止めがあり、紫外線の強さに合わせて選べるもの、お子さんの肌でも問題なく使用することができるものなど様々なタイプの日焼け止めが販売されています。ですが日焼け止めもただ塗っていれば紫外線対策ができるというわけではありません。紫外線の強さや状況に応じて使い分ける必要がありますし、正しく使っていなければ日焼け止めを念入りに塗っても日焼けをしてしまいます。

そこでここでは紫外線対策のための正しい日焼け止めの塗り方について紹介します。

◇管理人ピックアップサイトはこちら◇
紫外線対策として帽子や長袖の羽織、日傘以外でおすすめなのが飲む日焼け止めです。飲む日焼け止めは薬ではなくサプリメントなので身体にも優しいです →→ 飲む日焼け止め おすすめ